ブログではSEOを意識したキーワード選びが大切!便利な無料キーワードツール5選!!

ブログではSEOを意識したキーワード選びが大切!便利な5つのツールを紹介します

サイトやブログを運営している人にとって、SEOを意識したキーワードを選ぶことはとても重要なことです。

どれだけ良い記事やコンテンツを作っていたとしても、誰もサイトに訪問してくれなければサイトを運営する意味がなくなってしまいます。

といっても、サイトやブログを運営し始めたばかりの頃は、どのようなキーワードを選べばよいか分からない人も多いはずです。

そこで本記事では、

「キーワードの選び方が分からない…」
「そもそもキーワードが何で大切なの?」
「キーワード選びに便利なツールが知りたい」

このような悩みや疑問を持っている人に向けて記事を書いていきたいと思います。

キーワード選びは何故大切なのか?

キーワード選びは何故大切なのか?

まずブログやサイト運営において、何故これほどまでにキーワード選びが大切と言われているのかを解説していきます。

仕事全般に言えることですが「何故それをするのか?」を理解しておくことは、モチベーションや仕事の質を上げるためにもとても重要なことです。

キーワード選びを積極的に行なうためにも、キーワード選びの重要性についてしっかり理解しておきましょう。

キーワードからユーザーのニーズが分かる

キーワードには、検索ユーザーの悩みやニーズが詰まっているため、キーワード選びを行なうことでユーザーのニーズを把握することができます。

例えば”納豆”についてキーワード調査をしていく中で「納豆 美容 ダイエット」などの複合検索が多く検索されていた場合、納豆が好きな人の中には美容やダイエットに関心のある人が多い、という実態を把握することにつながります。

ニーズのない情報の発信やコンテンツ作りをどれだけ頑張っても、サイトアクセスを増やすことができないため、市場のニーズを把握することはとても大切です。

ユーザーに響く記事を書くことができる

キーワード選びでは、一般的に「不動産 購入 失敗」などのように、いくつかのキーワードを組み合わせるようにします。

そうすることで、検索ユーザーがどのような人なのかを具体的に思い浮かべながら記事を書くことができます。

例えば「ニキビ 治療」よりも、「20代 ニキビ おでこ 治療」の方が、検索ユーザーがどんな人がイメージしやすいはずです。

検索ユーザーがどんな人かを明確にすることで、検索ユーザーの心に響きやすい記事を書けるようになります。

検索回数と表示難易度を考慮しながら、できるだけ尖ったキーワード選びをするようにしましょう。

コンバージョン率を高めることができる

ユーザーのニーズを的確に把握し、ユーザーに響く記事を書くことで、コンバージョン率を高めることができます。

サイトを運営する目的はサイトによって違いますが、例えばコーポレートサイトならお問い合わせや商品を購入してもらうことでしょう。

これらの目的を達成できなければ、サイトを運営する意味すらなくなってしまうため、コンバージョン率を高めることは極めて大切なことです。

キーワード選びをきちんと行なうことで、コンバージョン率を高める効果が期待できます。

キーワード選びの5STEP

キーワード選びの5STEP

キーワード選びの重要性についてはご理解いただけたましたか?

重要性は分かったけど、どうやってキーワードを選べば良いの?

初めてキーワードを選ぶ場合、分からないのも無理はありません。

どのようにキーワードを選べば良いか、順に解説していきますね♪

初心者にとってキーワード選びは少し難しく感じるかもしれませんが、実際にはそれほど難しい作業ではなく、特定のSTEPを踏むことで簡単にキーワードを選ぶことができます。

ここからは、キーワード選びを行なうための具体的な手順について解説していきます。

STEP1:記事を書く目的を明確にする

キーワード選びを始める際、まず最初に行なうことは「何故この記事を書くのか」といった、記事を書く目的を明確にすることです。

例えば、「商品を販売したい」「アクセスを集めたい」「定期読者にお知らせしたい」など、メディア内で記事を書くには様々な目的が考えられます。

記事を書く目的によって狙うべきキーワードは異なるため、まずは記事を書く目的を明確にしましょう。

STEP2:自分が伝えたいことを明確にする

次に、これから書く記事で”何を伝えたいのか?”を明確にする必要があります。

例えば「ブログでアクセス数を上げる方法を伝えたい!」「サイトへのアクセス数を分析する方法を伝えたい!」などのようにしていきます。

このSTEPでは、あくまで”自分が伝えたいこと”にフォーカスし、キーワードにはこだわらず考えることが大切です。

キーワードありきで記事のジャンルを決めると、伝えたいことが曖昧になり、記事の内容にブレが生じてコンテンツの質が落ちてしまいます。

SEO対策においてコンテンツの質はとても重要な要素です。コンテンツの質を落とさないためにも、まずは自分が伝えたいことを考えましょう。

STEP3:関連するキーワードを並べる

次に、自分が伝えたいことに関係するキーワードを、できるだけ多く並べていきましょう。

例えばブログでアクセス数を上げる方法を伝えたい場合では、「SEO 上位表示 アクセス数 Google」など、とにかく関係しそうなキーワードを思いつくだけ書いていきます。

その際は紙に書いていっても良いですが、MindMeisterなどのマインドマップツールを活用すると、後々の管理もしやすくなり便利です。

STEP4:キーワードの検索ボリュームを調べる

関連するキーワードを並べ終わったら、それらのキーワードがどのくらい検索されているかを調べていきましょう。

検索ボリュームを調べるためのツールは色々ありますので、そのあたりについては後ほど解説していきます。

検索ボリュームが多いすぎるとライバルが多くなりますし、少なすぎるとそもそも検索ユーザーがいなくなってしまいます。

ブログの規模が大きくなってきて、検索ボリュームの多いキーワードでも上位表示を狙えるようになるまでは、100~1000くらいの検索ボリュームのキーワードが狙い目です。

100~1000くらいのキーワードであれば、ブログを始めて間もないSEO初心者でも上位表示を狙える可能性があります。

STEP5:競合サイト(難易度)をリサーチする

キーワードをある程度絞り込むことが出来れば、次に競合サイトの状況をリサーチしていきます。

競合サイトをリサーチする方法は、実際にGoogleなどの検索エンジンで検索するのが一番簡単な方法です。

検索してみて、上位に表示されるサイトをいくつか閲覧し、サイトの規模や記事内の文字数を調べていきましょう。

検索ボリュームが100~1000くらいのキーワードの中にも、強力なライバルがひしめき合うキーワードは存在しています。

そのようなキーワードを選定してしまうと、せっかく書いた記事も上位に表示されることは極めて難しくなってしまいます。

強いサイトが表示されるキーワードは避け、なるべく弱いサイトが上位に表示されるキーワードを選ぶようにしましょう。

キーワード選びに便利な無料ツール5選

キーワード選びに便利な無料ツール5選

キーワードを選ぶ作業について、何となくイメージが持てるようになってきたのではないでしょうか?

Name
イメージは持てたけど、どんなツールを使って作業をすれば良いのかしら?
Name

キーワード選定に便利なツールはたくさんあります。

無料で使えるツールを5つほどご紹介しますね♪

キーワードを選ぶ際は、「検索ボリューム」と「競合サイト(難易度)」を調べることが重要です。

これらの作業を簡単に、かつ無料でできるキーワードツールを紹介していきます。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー メディア運営ドットコム

まず紹介するのが、キーワード選定で代表的なツール「Googleキーワードプランナー(旧キーワードツール」です。

本来はGoogle広告を利用しているユーザー向けのツールですが、Googleアカウントを取得するだけでも利用できます。

Google広告を利用しているユーザーは詳細データを閲覧できますが、無料で利用する場合にはおおよその数値しか表示されません。

しかし、月間平均検索ボリューム・競合性・入札単価などを調べることができ、キーワード選びの参考にすることができます。

少額でもGoogle広告を利用すれば詳細データを閲覧できるため、どうしても見てみたい人はGoogle広告の利用を検討してもよいかもしれませんね。

ラッコキーワード

ラッコキーワード セルフメディアラボ

次は、複合キーワードを考える際に便利な「ラッコキーワード」というサイトを紹介します。

ラッコキーワードは、キーワードを入力することでGoogleのサジェストを抽出してくれる便利なツールです。

サジェストとは、検索窓にキーワードを入力した際に表示される関連ワード候補のことをいいます。

ラッコキーワード Googleサジェスト

例えば「SEO キーワード」と入力した場合には、上の図のような結果が表示されます。

これらの内容から、Googleではどのようなキーワードが検索されているかを確認することができます。

検索ボリュームは表示されませんが、Googleサジェストにはどのようなキーワードを選定するかのヒントが詰まっています。

全キーワードをコピーする機能やCSVダウンロード機能も無料で使えるため、キーワードを管理する際にも重宝するはずです。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggest(ウーバーサジェスト) セルフメディアラボ

UbersuggestもGoogleキーワードプランナーと同様に、検索ボリュームを調べる際に役立つツールです。

無料でも利用することができますが、閲覧できる内容が限定されていたり、1日に調べられる回数が制限されています。

Googleキーワードツールを無料で利用している場合と比べて、検索ボリュームを具体的な数値で確認することができます。

有料広告での表示難易度、SEOでの表示難易度も数値で確認できるという利点があります。

有料登録をすることで、キーワードごとにクリック率を調べたり、検索ユーザーの年齢分布を調べることができるようになります。

被リンクやキーワード流入など、SEO分析にも役立つ機能が充実しているため、本格的にSEOに取り組む場合は有料登録を検討してみてもよいかもしれません。

Googleトレンド

Googleトレンド セルフメディアラボ

Googleトレンドでは、過去から現在まで「そのキーワードがどのくらい検索されてきたか?」といった相対的な推移を確認できます。

検索ボリュームを調べるツールではなく、あくまで検索トレンド(流行り)を調べるツールだということを理解しておきましょう。

このように、キーワードが検索される回数が多い時期と少ない時期を確認することができます。

カテゴリーや地域を指定することができるため、どの地域で話題になっているキーワードなのかを把握し、リスティング広告やFacebook広告利用時など、エリアを限定したアプローチをする際に役立ちます。

トレンドブログなど、瞬間的に多くのアクセスを稼げるキーワードを探している場合にも使えるツールです。

SEOキーワード難易度チェックツール

キーワード難易度チェックツール セルフメディアラボ

最後に、検討しているキーワードで上位表示をさせる”SEO難易度”を確認するときに役立つ「SEOキーワード難易度チェックツール」を紹介します。

トップページにある検索窓にキーワードを入力するだけで、簡単にSEO難易度をチェックすることができます。

SEOキーワード難易度チェックツールを活用することで、上位に表示させるのが難しいキーワードを避けて効率良く上位表示を狙うことができます。

月間検索数だけでなく、1位に表示された場合のアクセス数の予測も表示されるのも便利な機能です。

キーワード選びの注意点

SEOキーワードを選ぶ際に便利な無料ツールを紹介してきました。

サイト運営において、SEOキーワードはサイト運営の成功を左右する重要な存在です。

見当違いなキーワードを選定してしまうと、どれだけクオリティの高い記事やコンテンツを作ってもCVに繋がらなくなってしまいます。

サイト運営で結果を出すために、キーワード選定はしっかり行なっていくようにしましょう。

最後に、キーワード選びを行なう上での注意点について解説していきます。

BIGキーワードで上位表示を狙わない

ビッグキーワードとは、Googleなどの検索エンジンで検索回数が多いメジャーなキーワードのことをいいます。

ビッグキーワードは、検索回数の多く上位表示されれば多くのアクセスが期待できますが、その分競合性が高く、上位に表示させるにはコンテンツの量や質が厳しく求められます。

サイト運営を長期間していて、コンテンツの量や質に自信がある場合にはビッグキーワードを狙っても良いかもしれませんが、ブログを始めてそれほど経っていない場合にはビッグキーワードは避けるようにしましょう。

初めのうちはスモールキーワードでアクセスを伸ばし、少しずつステップアップしていくのが重要です。

1ページに1キーワードを意識する

キーワード選定をしていると、「たくさんキーワードを選定した方がアクセスが増えるんじゃないか?」を考えてしまいがちです。

しかし、キーワードを多く選定するほど、コンテンツの内容やテーマ性にブレが生じてしまうため、まずは1ページに1キーワードを意識するようにしましょう。

”2兎追うものは1兎も得ず”ということわざがあるように、1つのキーワードに対して強いこだわりとコンセプトを持って、コンテンツ作成に臨むことが大切です。

サイト内でキーワードを重複させない

同じサイト内でキーワードを重複させてしまうことを「キーワード重複」と呼びますが、Googleはこのキーワード重複を嫌う傾向にあります。

Googleに嫌われサイトの評価が下がってしまうと、今まで上位に表示されていたコンテンツの表示順位も下がってしまいます。

そのような事態を避けるために、コンテンツごとに違うキーワードを設定することを意識しておきましょう。

カテゴリーごとにキーワードを管理する

キーワードを重複させないためには、キーワードをしっかり管理しておくことが大切です。

その場合のポイントとしては、検索ニーズ別にカテゴリー分けを行なうようにしましょう。

検索ニーズ別にキーワードを管理することで、キーワードの重複を避けると同時に、コンテンツ内容の重複を避けることに繋がります。

キーワードを上手に管理しておくと、コンテンツ作りのネタに困ることも少なくなります。

キーワード管理の方法は人によって違いますが、エクセルやマインドマップを利用するのが一般的です。

マインドマップツールには色々なものがありますが、世界中で利用されているMindMeisterが使いやすくて便利です。

定期的に検索順位をチェックする

Googleなどの検索エンジンによるサイト評価は日々変わるため、永続的に上位表示がされるということはありません。

一度は特定のキーワードで1位に表示されていたとしても、ある日いきなり10位圏外になってしまうことも考えられます。

そのため定期的に検索順位のチェックを行ない、もし表示順位が下がっていた場合には相応の対策を講じることが重要です。

検索順位を確認する方法はまた別記事で紹介しますが、無料で使える「SEOチェキ!」などが簡単に使えて便利だと思います。

まとめ

本記事では、キーワード選定について解説してきました。

キーワード選定をしっかり行なうことはSEO対策になると同時に、ユーザーのニーズに応える記事を書くためにも欠かせない作業です。

初めのうちは難しく感じるかもしれませんが、慣れてくればそれほど時間をかけずに行なえるようになるので、しっかりキーワード選定をしていきましょう。

又、今回紹介したツール以外にも便利なツールはたくさんあるので、自分に合ったツールを見つけてキーワード選定に励んでください。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。